スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
大好きなひと



 「げほっ…ごほッ;
  うわぁ…すごい熱…」



 昨日から、なんとなく
 体がだるいなぁ、って
 思ってたけど…

 まさかこんなに熱が出るとは。



 「38度もあるよー……
  うーん、さすがにキツいなぁ

  …祐也、まだかなぁ…。」



 あたしの彼氏は、手越祐也。

 今日は仕事終わるの、
 おそくなるって言ってたっけ



 あたしは、いつの間にか
 眠っていた。








 「……ん…、
  朝だぁー…。いつの間に
  寝ちゃってたんだろ…ん?」




 ふと、横を見てみたら



祐「すーすーzzz」


 「っ!祐也!?」




 祐也が帰っていて、
 何故か、あたしの隣で
 寝息をたてていた




祐「……んぁ、○○…?」


 「祐也…、帰ってたんだね」


祐「うーん、
  ○○、熱あったの??
  大丈夫だった?;」


 「あ、うん…
  祐也がいなかったから、
  だいぶキツかったw」


祐「…○○///
  ごめんな、早く帰らなくて…」


 「あはは^^
  うん、でも、今は祐也が
  隣にいてくれてたから、
  だいじょーぶだよっ」


祐「○○…もう、可愛い過ぎ!」





 ちゅ。





 「…!!///」


祐「○○、だーいちゅきっw」



 −end−
20:51 手越祐也 comments(31)
1/2PAGES >>
WELCOME!!!

「DREAM TIME」へようこそ^^


管理人の、由羽です。

NEWS命な高校二年生!
特に、笑顔王子&エロ王子♥♥♥

このblogは、
そんな由羽がNEWS専門の
どりーむ小説を書いております♡

ATTENTION!!!
×してはいけないこと
・ 盗作など、ぱくり
・ 中傷や荒し

○してもいいこと
・ ダメ出しや感想こめんと

ルールを守って
楽しんでもらえたら嬉しいです!
Category